2010年03月31日

股関節症と飲料水の関係

股関節症は幼少時に発症する場合、
高齢になってから発症する場合とありますが、
高齢になってからはほんの些細なことが原因となり、
股関節痛や関節痛を感じるようになります。

治療には時間がかかるようになり、
無理な運動をすることができません。

そのため、足腰が弱くなる前の予防が重要なのですが、
痛みが出てからは、水中ウォーキングが最適です。

水中ウォーキングは運動量が多く、
筋力をアップさせることができるうえ、
水の中では負担がかかりません。

腰痛のある人にもおすすめの運動です。

プールサイドはとても滑りやすくなっていますから、
プールを利用する際には気をつけるようにしましょう。

股関節症やリウマチの人は
食事や毎日の生活を改善することが必要となります。

そのときに重要なのが飲料水です。

水道水には、消毒のための塩素が入っており、おいしいとは言えません。

自宅では水道水ではなく、ミネラルウォーターを飲むことで、
身体に必要な栄養を毎日無理なく摂取することができ、
血液の流れを促進する役目を果たしてくれます。

おいしい水で身体の内側から健康になることによって、
骨や肉を丈夫にし、股関節症の改善に役立ちます。

一度悪くなってしまうと、簡単に不足した栄養を取り戻すことができず、
股関節症の治療は気長に続けなければいけなくなります。

それ以上症状が悪くならないようにするためには、
必要なビタミンやミネラルを摂取し、
適度な運動によって、丈夫な身体にしていくよう心がけましょう。



ラベル:股関節症 飲料水
posted by dragon88 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

股関節症の靴選び

股関節症の人をサポートしてくれるものに杖がありますが、
もっと重要な役目を持つものがあります。

それは靴です。

市販の靴を購入する人は、
サイズとデザインを重視して選ぶ人がほとんどです。

サイズが合っていても、足にいい靴とは限りません。
足が疲れない靴を選ぶことが重要です。

股関節症の人は、特に靴にこだわったほうがいいでしょう。

ストレッチやウォーキングなどをするときに、
足に合っていない靴を履いてしまうと、
逆効果となってしまい、股関節症が悪化します。

子供の場合には、骨の成長にも関係しますから、
足首までしっかり固定する力のある靴を選びます。

股関節症の症状が初期のものならば、改善させることも可能です。

女性の場合には、ヒールの高い靴は履かないようにします。
つま先が細いものも、股関節症の症状を悪化させ、かかとが安定しません。

男性の革靴ならば、かかとが安定し、固い靴を選びます。

つま先には1センチ程度の余裕があるものを選び、
ウォーキングをするときのシューズなら、やや重いものを選びます。

できたら、オーダーメイドをおすすめします。

値段が高くなりますが、足の健康はとても大切です。
股関節症の人ならば、オーダーメイドにする価値があるでしょう。

靴の紐の結び方、歩き方も重要です。

股関節症や扁平足、巻爪、膝の痛みといった悩みを抱えている人はとても多くいます。

足の治療をしている人もたくさんいますが、
靴に気をつける人が少ないのが現状です。

子供の頃から足にフィットする靴を履き続けることで、
健康を守ることができます。

posted by dragon88 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

股関節症の正しい歩き方とストレッチ



股関節症の人は、足に合った靴を履き、
正しい歩き方をするようにしましょう。

背筋をまっすぐ伸ばし、重心が偏らないようにします。

どちらか片方だけ、重いバックを持っていると、
骨の変形や、股関節症の悪化を招きますから、
リュックのようなバッグを選ぶといいでしょう。

歩くときには膝を伸ばし、かかとから着地します。
腹筋と背筋に力が入るのがわかるはずです。

歩き方が正しいかどうかは、靴のすり減り方を見ればわかります。
すり減っている部分に重心がかかっていますから、
改善するようにしましょう。

疲れてくると姿勢が悪くなりますから、
気をつける必要があります。
休憩を入れながら歩くなど、工夫することが大切です。

ストレッチは、簡単なものから始めると、
続けやすくおすすめです。

足の指を動かすストレッチや、
タオルを足の指でつまむストレッチは、
高齢の方でも安心してできるストレッチです。

普段から階段の手すりを使ってしまうという人は、
つま先立ちをして、足の強化を図りましょう。

posted by dragon88 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

変形性股関節症とはどのような病気か

股関節の病気は種類があり、その代表的なもののひとつが変形性股関節症です。

関節軟骨がすり減ってしまい痛みが生じてきます。
日本人の多くは二次性変形性股関節症で、
そのなかでも特に多いものが先天性脱臼や亜脱臼です。

このほか股関節炎や大腿骨頸部骨折、
ペルテス病などによって変形性股関節症になってしまいます。

この変形性関節症は股関節以外にも、
手の関節や膝関節、背中といった部分にも生じることがあります。

二次性変形性股関節症に対し、
年齢とともに軟骨がすり減ってくることから生じるものを
一次性変形性股関節症と言います。

骨と骨のクッションになる軟骨がすり減ってきますから、
骨がこすれてしまい硬化してきます。

変形性股関節症は初期症状の段階では検査をしても診断できない
という欠点があり、痛みがあっても改善することが難しい状況となっています。

先天性の股関節脱臼は女性に多く見られるもので、
変形性股関節症は中年以降に目立った症状が表れ始めます。

早い場合には10代でも症状が出てきますから、
かなり長期の治療をしていかなければいけません。

股関節部分の負担を減らす治療をしていきますが、
人によっては体重を減らす必要も出てきます。

血行が悪いと痛みが出ることが増えてしまいますから、
身体を温かくし、冷やさない対策も取っていきます。

治療には鎮痛剤を用いたり、ストレッチや手術など、
症状に合わせて治療が異なります。

日常生活での工夫も重要ですから、
股関節を意識した生活をしていくこととなります。
posted by dragon88 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

股関節痛に効く漢方

漢方には体質改善効果があり、股関節痛の場合には、
血行を良くしてうっ血をなくすための漢方薬を使います。

身体に表れる痛みはとても種類が豊富で、
日常生活にも支障が出てしまいますが、
湿布や内服薬では一時的な解決にしかならず、
根本的な改善がされないため、
何度でも症状が出てきてしまいます。

漢方は効果が緩やかに表れる代わりに、
痛みの元を取り除くことが可能です。

それぞれの症状に合わせて生薬を配合しますから、
階段の上り下りがつらい人や、肩こりや腰痛、神経痛などに
悩んでいる人は、近所に漢方薬局がないか探してみましょう。

股関節症ばかりではなく、風邪をひきにくくなる、
取れにくかった疲れがすぐに解消できるようになるなど、
体調そのものが良くなっていきます。

これは漢方によって内臓の力を強くすることができるためです。

すり減ってしまった軟骨を復活させることはできませんが、
痛みが出ないよう骨を丈夫にし、
関節に痛みを感じない体質にすることができます。

また、股関節症はむくみが生じやすい病気でもありますから、
水分の排出がスムーズにできるよう、
代謝アップができる漢方薬が配合されるでしょう。

むくみやすいということは、血液の循環も悪いことが予測できます。
股関節症の人が身体を冷やさないようにするというのは、
ここから来ています。

血行促進のためには血液と血管の状態が良くなければいけません。

過度のアルコール、タバコ、塩分の摂り過ぎなどは
血液の状態を非常に悪くしてしまいますから、気を付けることが大切です。
ラベル:股関節痛 漢方
posted by dragon88 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

股関節症の歪みを治すサポーター

O脚やX脚などの脚の形の変形や、
関節痛、腰痛といった症状がある人におすすめするのが、
股関節の歪みを治すサポーターです。

身体に歪みがあるということは、
その原因が股関節症から来ている可能性が高くなります。

骨盤の歪みもそうですが、普段から姿勢が悪い人や、
身体の重心が偏ってしまっている人は、身体に痛みが生じてきます。

股関節や骨盤の歪みを矯正してくれるサポーターがありますから、
股関節症に悩む人はぜひ使ってみるようおすすめします。

歪みを治すスパイラルサポーターは、身体のねじれを解消し、
痛みの改善とO脚の矯正ができるもので、
鍼灸治療院の院長が開発したサポーターです。

股関節からねじれを治し、身体の本来の機能を取り戻すことができ、
効果はとてもたくさん出てきます。

痛みが消え、歩くときにも楽になります。
脚が軽くなり、肩こりも消えると評判です。

むくみも解消でき、運動するのも楽になりますから、つらい生活から解放されます。

スパイラルサポーターは脚ベルト、連結ベルト、腰部ベルトの
3つのベルトから構成され、使わないときには小さく畳んでおくことができます。

装着時間は1日30分と短くても、その効果は絶大です。
美脚を目指したい人にもおすすめできるサポーターで、
股関節症を改善していきましょう。

痛みがなくなるほか、きれいな脚にすることができます。
このほかにも、種類豊富なグッズがありますから、
悩みにぴったりのアイテムを活用してはいかがでしょう。

膝ベルトやシューズ、クッションや椅子、骨盤矯正スタンドなど、さまざまあります。
posted by dragon88 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

股関節症に気がつくには

中高年に多いイメージのある股関節症ですが、
その原因の多くは小さな頃に発症してしまう先天性股関節脱臼にあります。

生まれて間もなく
左右の足の長さが違う、
動きがおかしい、
脚が開かないといった症状があったら、
股関節が脱臼している可能性があるのです。

こうした異常には気がつきやすいものですが、
検診などで医師が見逃してしまうと、対策を取ることができず、
症状が悪化してしまうことも少なくありません。

おかしいと感じたら、すぐに別の病院で検査を受け、治療を始めることが大切です。

適切な判断のできる病院でないと、
治療が合っていないという場合もあり、注意が必要です。

評判のいい病院を探し、信頼のできる医師を見つけるようにしましょう。

検診は生後数ヶ月経ってからがもっとも望ましく、
検診が早いとそれ以降に脱臼が起きてしまうことがあり、
遅すぎてしまうと改善することが難しくなります。

生まれつき股関節が脱臼しているという意味ではなく、
生後の生活状況でも脱臼が起きてしまいますから、
普段から様子がおかしくはないか確認しておくことも大切です。

長寿大国になってきた日本ですが、小さな頃から痛みを抱えていると、
変形性股関節症を早い時期から抱えることになり、
ひどい場合には人工股関節にしなければいけなくなります。

子どもの頃の股関節脱臼の予防としては、脚の動きを妨げないことです。
おむつは薄く当てるようにし、脚が自由に動くように抱きかかえることが重要です。
ラベル:股関節症
posted by dragon88 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

股関節症の痛みが出てきたら

中高年になると症状が出てくる股関節症ですが、若い人でも発症することがあります。

腰痛の原因が股関節症だったということもあり、ほかの病気と区別するためにも、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

初期症状ならば、痛みを薬で抑え、生活を改善していくことで、症状をかなり緩和することができます。

痛みが気になるようならば、どういった対処をすればいいのかを医師に相談してみるといいでしょう。

歩くことがつらくないときには、水中でのウォーキングや、水泳などをおすすめします。

痛みがないからといって、股関節症の対策として激しい運動をいきなりするのは避けるようにします。

股関節症もしくは、変形股関節症と診断された人にとって激しい運動は禁物です。

痛みが出てきたらすぐに運動を中止するようにして、適度にストレッチをすることから始めていきましょう。

初期症状と言われても、痛みが激しくなってきたら、すぐに医師に相談するようにします。

自己判断で治療をすることのないようにしましょう。

股関節症は治らないと医師に診断される場合がありますが、適切な治療をしていけば、症状をかなり抑えることができ、ほとんど痛みを感じないまでに治すことができます。

すぐに外科的な処置に入る病院ではなく、症状を緩和しながら改善していく治療を優先してくれる病院を探すことが重要です。

病院探しはインターネットがもっとも効率が良く、股関節症治療で高い評価を得ている病院を見つけることができます。
ラベル:股関節症 痛み
posted by dragon88 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

股関節症の食事と生活習慣

正座で座る、布団で寝るといったことは日本人にとってはとても日常的で、そのほうが落ち着くという人も多いでしょう。

このような生活は、股関節症の症状を悪化させてしまうため、股関節症の症状が出てしまった人は、できるだけ洋風の生活に変えることが望ましいものです。

トイレを洋式にする、ベッドに変えるなどが有効です。

足腰に負担がかからなくなりますから、症状が出ていない人にもおすすめします。

食事療法も股関節症には必要で、栄養を補うほか、ダイエット効果があるためです。

股関節症とダイエットは無関係にも思えますが、身体が重いと股関節部分にも負担がかかりますから、体重を落とすことが必要となってくるのです。

激しい運動はできませんから、食事を抑えながら体重のコントロールをしていくようにします。

特に主食となるごはんやパンといった炭水化物を減らすようにしましょう。

そして夜何度もトイレに起きるという人は要注意です。理由は骨盤にあります。

骨盤は起きているときと寝ているときの状態が違います。
起きていると閉じますが、寝ている間は開きます。

目が覚めたときに閉じた骨盤が、何度も寝ることと起きることを繰り返すことによって、開いた状態に戻ることになってしまうのです。

骨盤の歪みの原因となり、これが股関節症の症状も悪化させてしまいますから、夜は熟睡できるようにしておきましょう。

股関節症に高い効き目のある運動を積極的にするようにして、質のいい睡眠が得られるようにしていきましょう。
posted by dragon88 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

股関節症になったら


股関節症になったら、同じ姿勢を取り続けることは、可能な限り避けるようにします。

長時間同じ姿勢になっていると、痛みが出てきますから、気をつけましょう。

デスクワークをしている人は、特に足のむくみや、肩こり、腰痛などが起きやすくなります。
理想は1時間の仕事に対し、15分の休憩です。

パソコンによる眼精疲労を防ぐためには、15分間画面を眺めていたら、休憩を入れるようにします。腕の腱鞘炎も心配です。

電磁波の心配もありますから、長時間パソコンを使っているという人には、パワーストーンのトルマリンをおすすめします。

トルマリンからはマイナスイオンが出ているといわれていますから、電磁波を吸収してくれるのです。
近くに置き、時々触るようにするといいでしょう。

マッサージや整体、カイロなども大変有効な治療ですが、血行を良くし、コリを作らないようにするためには、ストレッチがもっとも有効です。

人にしてもらうマッサージと比較すると、身体が温かくなる割合は、ストレッチのほうが高いからです。

痛みがある人は、ストレッチ自体もつらいために、身体を動かすことに抵抗があるかもしれません。
動かせる部分だけでも動かすようにすると、かなり違ってきます。

それから、入浴には時間をかけるようにするようおすすめします。
身体を芯から温めることができる、簡単で身体に負担をかけない方法です。

疲れを取ることができ、毎日血流を良くしていくことができる方法となります。
冷たいものを大量に摂取することも控えたほうがいいでしょう。

内臓を冷やすことになり、内臓の働きが低下して、ここから股関節症の痛みが出てきてしまうからです。

posted by dragon88 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Rieのコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。